Site Top

[BookShelf Image]:78

本日、8月2日は作家・中上健次の誕生日です。

中上健次は、1946年8月2日和歌山県新宮市に生まれ、紀州熊野の「路地」

を舞台とした小説を数多く描き、紀州サーガと呼ばれる濃密で重層的な作品

群を創出した稀有なる作家です。

1976年には『岬』で第74回芥川賞を受賞し、戦後生まれでは初の芥川賞作

家となりました。

その他の主要作に、『十九歳の地図』、『枯木灘』、『奇跡』などがあり、

1992年46歳の若さで亡くなりました。 

今日の一冊は、『中上健次 没後二〇年 別冊太陽 日本のこころ 199』

(平凡社)です。中上健次の没後20年を記念した別冊太陽の巻頭に、柄谷行

人が文章を寄せています。

短い作家人生において中上は多方面に言論を闘わせ、頻繁に国内外を旅し、

猛烈に執筆しました。その創作活動を追う人々が語るもうひとつの物語が、

豊富な美しい写真とともに語られています。

 

2019年 (令和元年)
12月7日(土)
Weather
時間:9:00~20:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)